メニューを開く

福島県双葉町浪江町にお住まいだった個人の方3名

損害の状況

この方は浪江町(旧警戒区域)で自営業を営んでいましたが、原発事故により避難を余儀なくされ、事業を継続することが困難となりました。また他のお二人は、本件事故により、飼っていたペットも失うこととなっただけでなく、家族とも離ればなれの避難生活を余儀なくされたことから、極度の精神的不安定状態となりました。

和解の内容

この損害について原子力損害賠償ADRの申立により、以下の損害賠償の支払を約束する和解が成立しました。

申立人X1について

  損害項目 金額 期間
1 避難費用

生活費の増加費用

約60万円 自平成23年○月×日~平成24年○月×日
2 精神的被害 約60万円 自平成24年○月×日~平成24年○月×日
3 帰宅費用

交通費

約11万円 自平成24年○月×日~平成24年○月×日
4 検査費用

交通費

5,000円 自平成24年○月×日~平成24年○月×日
5 営業損害 約450万円 自平成24年○月×日~平成24年○月×日
6 弁護士費用 約17万円 自平成24年○月×日~平成25年○月×日
  約600万円

申立人X2について

  損害項目 金額 期間
1 避難費用

交通費

約1万円 自平成23年3月11日~平成24年○月×日
2 就労不能損害 約280万円 自平成23年3月11日~平成25年○月×日
3 就労不能損害

将来分

約125万円 自平成25年○月×日~平成26年○月×日
4 精神的損害 約270万円 自平成23年3月11日~平成24年○月×日
5 弁護士費用 約20万円  
  約700万円

申立人X3について

  損害項目 金額 期間
1 避難費用

交通費

約1万円 自平成23年3月11日~平成24年○月×日
2 精神的損害 約260万円 自平成23年3月11日~平成24年○月×日
3 弁護士費用 約8万円  
  約260万円

申立人3人の合計

上記により、3人の合計は約1560万円となりました。

この事例の特徴

この事例の特徴は、事業増収見込みを考慮した年間売上高を基礎として逸失利益等が賠償された点、避難慰謝料の増額事由として、家族の分離、極度の精神的不安定状態、避難所の移動回数が多かったこと及びペットの喪失が考慮された点にあります。
また、他の事例にもいえることですが、上記表で賠償の対象となったのは上記表の記載の期間に限るとされ、それ以外の期間には清算条項の効力は及びません。
さらに、上記の中で精神的損害等の項目については、本和解に定める金額を超える部分につき清算の効力は及ばず、申立人が被申立人に対して別途損害賠償請求することを妨げないとされました。
このように、一般的な民事事件の和解では清算条項によりその後それ以上の請求をすることができなくなるのが通常ですが、原子力損害賠償ADRでは、制限的な清算条項しか入れず、その後の損害賠償請求を妨げないとするケースが多く見られます。

原子力損害賠償紛争解決センターHP記載の和解事例を加工・引用したものです。

原子力の損害賠償でお悩みの方へ
  • 東電からの提示額が適切か分からない
  • 自分の損害がいくらになるのか知りたい
  • 専門家に相談したい

上記の事柄でお悩みの方は、お気軽に日比谷ステーション法律事務所へお電話ください

 03-5293-1775  03-5293-1775
インターネットを使って申し込む