メニューを開く

東京電力への直接賠償請求

東京電力への直接賠償請求とは

東京電力に対して直接損害賠償請求を行い,交渉による解決を目指す方法です。
東京電力は「請求書」を利用した請求を求めており,東京電力が定める基準に従うのであれば,ADRや訴訟を利用した手続に比べ早期解決が期待できますが,裏を返せば東京電力の定める基準での妥協を余儀なくされる手続といえます。

東京電力への直接賠償請求の特徴

申立ての受理から3か月程度を目途に解決の努力をするとされており、訴訟よりも早い解決が見込まれます。

ADR手続きをお勧めする方

  • 東京電力が定める基準に従っても良い方
  • 早期解決を行いたい方

直接賠償請求の流れ

 東京電力と
直接交渉
合意成立
合意不成立
原子力の損害賠償でお悩みの方へ
  • 東電からの提示額が適切か分からない
  • 自分の損害がいくらになるのか知りたい
  • 専門家に相談したい

上記の事柄でお悩みの方は、お気軽に日比谷ステーション法律事務所へお電話ください

 03-5293-1775  03-5293-1775
インターネットを使って申し込む