メニューを開く

原子力損害賠償紛争解決センターへのADR申立

原子力損害賠償紛争解決センターとは

原子力損害賠償紛争解決センターとは、原発事故の被害者の方の東京電力に対する損害賠償請求につき、円滑・迅速かつ公正に紛争を解決することを目的として設置された公的な紛争解決機関です。同センターでは、弁護士等の第三者が、当事者である被害者と東京電力との間に入り和解(合意)による紛争の解決を目指します。

原子力損害賠償紛争解決センターへの申立の特徴

申立ての受理から3か月程度を目途に解決の努力をするとされており、訴訟よりも早い解決が見込まれます。

ADR手続きをお勧めする方

  • 費用をかけたくない方
  • 早期の解決を希望される方
  • 東京電力の支払に納得できない方
  • 東京電力の請求書が分かりにくく、直接請求に抵抗がある方

ADR申立の流れ

 原子力損害賠償
紛争解決センターへの
ADR申立
和解仲介手続申立書の作成
申立書の提出受理
和解の仲介
和解案の提示
打ち切り
合意
不合意
和解の成立
和解の不成立
原子力の損害賠償でお悩みの方へ
  • 東電からの提示額が適切か分からない
  • 自分の損害がいくらになるのか知りたい
  • 専門家に相談したい

上記の事柄でお悩みの方は、お気軽に日比谷ステーション法律事務所へお電話ください

 03-5293-1775  03-5293-1775
インターネットを使って申し込む